卒業生インタビュー

吉田恵里香さん  株式会社Queen-B所属の脚本家

1.文芸学科への志望理由

小説の書き方について手ほどきを受けられる場所は貴重だからです。プロの小説家の先生の授業が受けられるというのは高校生の私には非常に魅力的でした。それから1年生からゼミがあることも決め手の一つです。物語を作ることに興味があったので、演劇・映画の脚本コースも選択肢にありましたが、そのふたつは共同作業で作品を作り上げるもの。元来孤独な作業である小説執筆について、誰かと議論をしたり語り合いたかったというのも理由の1つです。

2.学生時代の思い出

群れるのが不得手なうえに在学中に今の事務所に所属してしまったので、学校行事にはかなり消極的でした。ですが学校に行くと、なんとなく私を迎えてくれる場所がありました。ゼミや教職の仲間、いつの間にか知り合った友がいました。何気ない日常の中で語り合った事柄が今の自分を作っている気がします。それから資料室と図書館には毎日のように通いました。小説も映画も見放題。今でも通いたい!

3.進路について、後輩に一言

在学時、ある劇団の手伝いをしたことがきっかけで今の事務所に所属できました。授業で初音ミクについて話しを聞いていたおかげで、ボカロ小説の仕事をいただけました。ボカロだけでなく、自分では手に取らない作品に沢山触れていたおかげで、なんども仕事のピンチを乗り越えられました。日藝で学べば必ず夢が叶うわけではありません。ですが夢を叶えるきっかけ、知識という武器は手に入るはずです。
大学4年間、何にでも足を突っ込んで楽しんでください!

 

(※職業・勤務先は、取材当時のものです)

山崎隆介さん  高校教諭

1.文芸学科への志望理由

幼少の頃から本を読んだり、物語を書いたりするのが好きでしたが、中学、高校と運動部の部活にあけくれ、創作からは離れていました。ですが、大学受験というタイミングで、自分が4年という期間を費やし、決して安くはない学費を納めてまで学びたいことはなんなのかを改めて考えた結果、「小説で一発当てて、実写化のヒロインを演じた女優と結婚したい」というビッグドリームを再び抱き、創作を中心に学ぶことのできる文芸学科に進学しました。

2.学生時代の思い出

部会にもサークルにも所属していなかったので、バイトをしながら、気の合う友人と気がすむまで遊びまくっていました。講義にも出たり出なかったりで、まじめな学生ではありませんでしたが、ゼミをはじめとする創作活動だけは、4年間きっちりと続けました。「人生最後のモラトリアム」などと称される大学生活ですが、結局は、自分が何をしたくて大学に入ったのか、を忘れないことが一番大事なのかもしれませんね。

3.進路について、後輩へ一言

仕事というのは基本的に面白くありません。眠いし怠いし帰りたくなります。宝くじが7億円当たったら絶対辞めます。でもたまに「あ、面白い」と思える瞬間があったりします。「その一瞬のために頑張れ」などと言うつもりはありませんが、たまにくらい面白いと思えなかったら働きつづけられないので、会社の規模などで決めるのではなく、なるべく自分が面白いと思えそうな仕事に就いたらいいと思います。

 

(※職業・勤務先は、取材当時のものです)

小菅凌さん  雑誌編集者

1.文芸学科への志望理由

高校生の頃から、ライターとして仕事をしていました。ただ高校を卒業してすぐ右も左も分からないまま、フリーのライターとして仕事をしたので、自分の力不足を日々感じていました。このままでは自分が描く未来にならないと思い、もう一度きちんと基礎から勉強をし直そうと日藝へ進学することを決めました。

2.学生時代の思い出

学生時代の思い出はたくさんあります。21歳で入学したので、周りに溶け込めるか心配でしたが、日藝でできた友人たちは、面白ければそれでいいじゃない! と年齢なんて関係なくいろいろなことを一緒に楽しんでくれました。フリーペーパーや、ラジオ番組を作ったり、日芸祭で映画を上映したり。この人たちとなら一人でできないことも何でもできてしまう、そんな気にさせてくれるような友人がたくさんできたのは、とてもいい思い出です。

3.進路について、後輩に一言

将来自分が何をしているかなんて、まだわからないと思います。僕自身、雑誌の仕事をしていますが、100%やりたかったことができているかといわれればもちろん違います。ですが、自ら行動を起こしていくことは本当に大切です。僕自身、未だにやりたいことや好きなことを諦めていません。社会人になっても学生の頃の気持ちを忘れないことは意外と簡単なのです。大人のレールなんてあってないようなものなのですから。

 

(※職業・勤務先は、取材当時のものです)