髙野和彰(たかの かずあき)

髙野和彰/Kazuaki Takano
(助教)

担当科目

文芸研究Ⅰ, 文芸研究Ⅲ, 文芸研究Ⅳ

1988年栃木県生まれ。日本大学芸術学部文芸学科卒業。同大大学院芸術学研究科博士後期課程芸術専攻修了。博士(芸術学)。博士論文「江戸川乱歩研究―1920年代作品の文学的変遷と乱歩の東京体験を視座として―」。日本ウェルネススポーツ大学非常勤講師、日本大学研究員を経て現職。日本文学協会会員。日本図書館情報学会会員。欧米言語文化学会会員。

研究キーワード

図書館, ICT教育, 情報メディア, 都市空間, 都市文学, 近代文学, ミステリ, 江戸川乱歩, 探偵小説, 遊歩者 

Works(論文, 作品等)

【論文】

江戸川乱歩「黒手組」考(「藝文攷」27号・78〜89ページより)

探偵小説における共通モチーフ別対比考察-2 –乱歩と清張の場合– (「日本大学芸術学部紀要」73号・15〜22ページより

探偵小説における共通モチーフからの対比考察 試論乱歩と正史の場合– (「日本大学芸術学部紀要」71号・5〜12ページより)

江戸川乱歩研究一九二〇年代作品の文学的変遷と乱歩の東京体験を視座として(「学位論文」より)

江戸川乱歩『屋根裏の散歩者』試論日本近代文学からの影響– (「芸術・メディア・コミュニケーション」12号より)

ウェブサイト