講座一覧

言語学Ⅰ・Ⅱ 横山安紀子(講師)

言語学は人間言語を分析し解明する科学である。本講座では一般言語学を扱い言語の構造を理論的に解説していく。教材は日本語だけでなく英語も含める予定である。受講生には自ら授業課題を考え、発表もしてもらう。できるだけ3〜4年次学生の履修が望ましい。

古典文学史Ⅰ・Ⅱ 上田薫(教授)

古代から近世までの古典を、各時代の思想や物語の変遷を辿りながら通覧してゆく。各時代の歴史的背景などを踏まえながら、古典文学の原典から抜粋して講読する。古典は難しいという先入観を崩して、近世以前の日本人の思想や感情を知るための一助となることをねらいとする。

現代文学史Ⅰ・Ⅱ 富岡幸一郎(講師)

日本の近代文学を中心に、文学史を辿りながら個別の作品を鑑賞する。前期は明治から戦前(昭和20年)までの文学史を辿り、代表的な作家の作品を紹介する。後期は戦後文学史そして1979年の村上春樹以降の現代文学史を辿り、そのなかで代表的な作品を紹介する。

海外文芸史Ⅰ・Ⅱ 尹東燦(講師)

この授業では魯迅・周作人・郁達夫など日本、日本文化と深いかかわりを持った中国の作家や評論家及び中島敦・竹内好・武田泰淳など中国、中国文学と深いかかわりを持った日本の作家、評論家を取り上げ、二〇世紀における日中の文学、文化交流事情を探るとともに、八〇年代以降現れた高行健・莫言などのノーベル文学賞作家を取り上げ、現代の中国文学を概観する。

海外文芸史Ⅲ・Ⅳ 鈴木ふさ子(講師)

ニューヨークほど多くの文学作品や映画の舞台となった場所がかつてあっただろうか。本 講 義 で は 、ニューヨークを舞台にした文学、映画、ドラマ『ティファニーで朝食を』、ニール・サイモンの喜劇、『ライ麦畑でつかまえて』、ポール・オースターの『ニューヨーク三部作』、『タクシードライバー』や『ジョーカー』、『セックス・アンド・ザ・シティ』などを取り上げ、作品の基軸となるニューヨークの文化や移民の問題、時代背景を概観する。

日本文化史Ⅰ・Ⅱ 上田薫(教授)

口承文芸という切り口で、古代から近世までの文芸表現の歴史について考える。古代社会の祝詞や神話、説話、社寺縁起を中心にテキストを選び、口承文芸独自の特徴を知り、それが他の物語、近世小説類にどのような影響を及ぼしたかについて学んでゆく。

文芸入門講座Ⅰ・Ⅱ 山中剛史(講師)

明治から昭和にかけて、近代文学が歴史的変遷のなかでいかような葛藤と革新を孕んで今ある「近代文学」となっていったのかを、「文」「方法」「メディア」という三つの視点から各々の作品を参照しつつ考察していく。

文芸特講Ⅰ・Ⅱ ソコロワ山下聖美(教授)

テーマは「文学と女性をめぐる問題」。作家たちは女性をどのように描いたのか。女性作家たちは何を描いたのか。女性は何を求め文学を読むのか。女性というキーワードを中心に。近現代の作家や作品を取り上げながら、文学や人生の本質にせまっていく。

文芸特講Ⅴ 小野永貴(准教授)・内沼晋太郎・岡本真(講師)

≪図書館・書店プロデュース論≫図書館や書店は、文芸創作物と人々を繋ぐ場であり、現代では独創的な設計や運営を行っている。図書館・書店の立ち上げに携わる実務家講師から事例を学びつつ、効果的な企画を立案するディスカッションを行い、発想力・企画力・提案力を身につける。

文芸特講Ⅵ 小神野真弘(専任講師)

ネットの大衆化から四半世紀。紙媒体ならではの面白さ、映像ならではの面白さがあるように「ネットならではの面白さ」も脈々と進化してきました。その歴史を学ぶとともに、ネットコンテンツの企画・実作に通じ、表現媒体としてのネットの特性を把握します。

文芸特講Ⅶ・Ⅷ 谷村順一(准教授)

近・現代日本文学を語る上で欠かすことのできない「文芸同人雑誌」を中心に据え、「文芸同人雑誌」という場が揺籃期の作家にどのような影響を与え、作品形成につながっていったのかについて考察を行いたい。

SF小説論Ⅰ・Ⅱ 青木敬士(教授)

「人ならざる存在」を仮定することにより、人類がいかにヒトの感覚にとらわれた見方で世界を把握しているかを明らかにする文学でもあるSFについての講義。ジャンルを越えた創作のヒントとなるよう、現実の技術革新の動向もからめつつ、空想にリアリティを与える手法を考える。

マスコミ研究 小神野真弘(専任講師)

伝統的なマスコミ媒体(TVや新聞など)からインターネットまで、私たちを取り巻く情報メディアの成り立ちと構造、社会的な影響を学び ます。特に2010年代以降のグローバル社会においてインターネットが果たした役割や問題点に主眼を置きます。

雑誌研究Ⅰ・Ⅱ 谷村順一(准教授)

それぞれの時代を代表する雑誌のコンテンツを概観することで、時事性、社会性がどのように誌面構成などに反映され、各雑誌のスタイルが構築されていったのかについて、「雑誌メディア」の持つ特性とあわせて考察を行う。

作家作品論Ⅰ・Ⅱ 谷村順一(准教授)

近現代の日本文学作品を実際に読むことにより、創作過程における作家と作品との関係について考察を行い、作品理解をより深めていくことを目標とする。

出版文化論Ⅰ・Ⅱ ソコロワ山下聖美(教授)・小川真美・白川貴浩・成澤浩一・湯山玲子(講師)

5人の講師が様々な切り口で出版文化を語るオムニバス形式の授業。ソコロワが「ガイダンスと全体の統括」、他の4人が「各論」を担当。湯山は変化のただ中にあるメディアと表現の現場からの知見、成澤は編集の現実と未来へ向けての開拓、小川と白川は現役出版社社員として、その仕事内容を伝えます。

詩歌論Ⅰ・Ⅱ 山下洪文(助教)

詩とは、傷痕から流れ出る血のようなものだ。なぜ血を流さねばならなかったか、流れた血が何処へゆくのかを考えるのが「批評」である。詩の実作と討議をとおして、私たちの生存の意味を探る。

小説論Ⅰ・Ⅱ 楊逸(教授)

近現代日本と世界の名作を取り上げ、そのテーマや構成、書き方などについて、授業で議論する。「私にとって小説とは」について、思考する一つのキッカケにしたい。教材は、授業の時に指示する。

文芸創作論Ⅰ・Ⅱ 青木敬士(教授)

SF・ファンタジー・ホラー・ミステリー・ライトノベルといった「設定」がモノをいうジャンルも「文章」自体に魅力が備わっていなければ読書に没頭させることは叶わない。物語世界・構造のアイデア出しと、言葉というメディアでなければ不可能な演出法の両面からリアルなフィクションの創作法に迫る。

文芸創作論Ⅲ・Ⅳ 上坪裕介(准教授)

「いかに書くか、何を書くか」という問題は文章を書く人間にとって常に意識されていることであるが、本講座ではその「いかに書くか」というところに焦点をあてる。グループワークによる具体的な実践のなかで文体についての認識を深め、表現技法の習得を目指す。協調的で積極的な参加が不可欠。50名程度を上限とし、選抜することもある。昨年度まで「文体論」として開講していた講座の内容を引き継いでいますので参考にしてください。

戯曲研究 川口典成(講師)

戯曲というのはさまざまな読み方ができるテキストです。この授業では「儀礼として読む」「行動として読む」「社会・制度を読む」という軸を立て、古代ギリシア悲劇、シェークスピア、イプセンなどの戯曲を取り上げ、のちに日本近代戯曲を個別に読み解きます。

文芸批評論Ⅰ・Ⅱ 岩崎純一(講師)

近代文学や和歌を取り上げ、文芸の批評とともに、文芸批評(という文芸)の批評・観察にも取り組む。文芸批評が持つ個人の感想としての性質(「である」に対する「と思う」の文脈)、承認欲求、作品自体の善し悪しの判定欲求(理想文芸への憧れ)にも迫る。

幻想小説論(前期) 高原英理(講師)

文学的幻想性は現在のフィクションにとっていよいよ重要なものになりつつある。だがそこに魅力の有無が大きな差を作り出す。魅力ある幻想とはいかなるものか、それはいかなる場に発生するか、過去から現代までの特徴的作品を見ながら考える。

ミステリー小説論(後期) 高原英理(講師)

ミステリーの原義は「謎」である。そこから多くの犯罪をモティーフとするフィクションが生まれたが、解かれる解かれないは別として、謎をめぐる物語であることは変わらない。源流となったゴシックロマンス以後、また日本では江戸川乱歩以後の、謎の語り方を考える。

翻訳文学論Ⅰ・Ⅱ 坂下将人(講師)

19世紀ロシアを代表する、世界的な巨匠・文豪の一人として名高いФ.М.ドストエフスキーの代表作である『罪と罰』を題材として、文学作品に対する読解力・想像力・分析力・創造力を養い、文学研究の基礎と方法を習得する。

伝記論Ⅰ・Ⅱ 岩崎純一(講師)

日本大学藝術学部の創設者・松原寛の著作を中心に扱い、哲学者や作家の著述に見られる伝記(自伝)的・私小説的要素や事績の創作・脚色・誇張表現の錯綜と意義を観察する。時間があれば、神話、歴史書、我々の日記、履歴書などの伝記的性質をも取り上げる。

ジャーナリズム論Ⅰ・Ⅱ 小神野真弘(専任講師)

ジャーナリストが取材し、メディアを通じて報じるとき、事実はどのように変容し、私たちはどのように受け取るのか。具体的事例を用いてこの構造を解き明かすことで、世界を認識する「解像度」を高め、文芸創作に不可欠的な批判的思考を構築していきます。

現代詩研究Ⅰ・Ⅱ 山下洪文(助教)

詩は世界創造であり、批評は世界解釈である。そのどちらが欠けても、「世界」は空虚なものとなる。詩(創作、創造)と批評(哲学、思想)をともに学ぶことで、「自己」を深め、「世界」に繋がる手がかりを探す。

エッセイ研究Ⅰ・Ⅱ 石戸谷直紀(講師)

平安から令和に至る随筆・エッセイを読む。講義を軸としつつ実作や対話を通じて、技法・認識(見方・考え方)を実践的に探究する。「個性とは?」「センスとは?」「わかりやすい/わかりにくいとは?」…など、現実的かつ根源的な問いも大切にしていきたい。

ノンフィクション論Ⅰ・Ⅱ 工藤隆雄(講師)

前期は様々な本や映像を通してノンフィクションとは何か、フィクションとの違いなど基本を学ぶ予定。後期は本や映像を通して事件、犯罪、戦争などを描いたノンフィクション作品を学ぶ。

児童文学論Ⅰ・Ⅱ 栗原奈穂(講師)

不世出の童謡詩人・金子みすゞを取りあげる。時代背景や風土等みすゞの生涯に触れながら、作品を読み、分析し、各自の感性で検討し合い、金子みすゞ童謡の魅力・魔力を研究する。参考文献等テキストは授業時にその都度指示する。

シナリオ研究Ⅰ・Ⅱ 吉川次郎(講師)

百聞は一見に如かず――シナリオとは、すべてを「絵」で語る技法である。本講義では映画やテレビドラマといった映像作品のシナリオを実践的に学びつつ、文学的アプローチとは異なる発想・思考を養うことで創作能力のさらなる向上を目指す。実作の課題あり。

原典講読Ⅰ・Ⅱ ソコロワ山下聖美(教授)

前半は宮沢賢治のオリジナルテキストにふれ、日本語のリズムや奥深さを学ぶ。後半は英詩や英語ソングにふれながら、文化の背景を学ぶ。2つの言葉を通して異なる文化を比較していきたい。

原書講読Ⅲ・Ⅳ 大島尚子(講師)

文章分析をしながら原書を日本語に訳し、作品の内容理解を深め、さらに原典と翻訳のイメージの違いについて考える。前期は原書講読に重要な文法事項を学びながら、児童文学やグリム童話を取り上げる。後期は映画作家D.Dörrieのエッセイ、Kafkaの短編、Hesseの「少年の日の思い出」を読むことで、近現代のドイツ文学への興味を高め、理解を深める。

原書講読Ⅳ 坂下将人(講師)

キリル文字の読み書きから開始し、基礎的な単語と文法を着実に習得後、辞書を使用して平易な文章を理解できる段階までの到達を目指す。ロシア語に少しずつ触れながら、ロシア語学習を通して世界観と価値観を獲得し、ロシア並びにロシア文学への関心を高める。

文芸特別講座Ⅰ(前期) 篠原広高(講師)

職業選択へのステップとして、豊かなキャリア観に触れて自分と職業を結びつけることを目的とする。その為にキャリアについて体系的に学ぶことと、各方面の社会・企業で活躍する社会人をゲストの話を聞くことで、知識を得て、最終的には自己分析を通じ、自身のキャリア観の醸成をする。

文芸研究Ⅰ 青木敬士(教授)

世に作品をけなすレヴュー(評論)は数あれど、それはあくまで暗黒面。真のレヴューの力は私的な感動を他者に感染させるもの。同じ人を好きになったライバル同士が口説きの腕を競うのに似たポジティブな戦いなのです。「レヴュー力」を養う場へようこそ。

文芸研究Ⅰ 浅沼璞(教授)

俳句・連句の鑑賞や実作を行います。その過程で季語や文語表現の基本について学び、それを活かしたゼミ雑誌を仕上げます。

文芸研究Ⅰ 上田薫(教授)

前期、後期を通して、様々なテーマや形式の作文を実作し、講評と討論によって文章表現の難しさ面白さを知る。論説文のテーマについての考察(=評論)、書き出し指定作文、文末指定作文、設定指定作文、翻案作文、三題噺、作品論などを作成する。ゼミ雑誌は授業中に作成した文章の中から優れた作品を選んで掲載する。

文芸研究Ⅰ 上坪裕介(准教授)

学生にとって身近で関心が高いテーマとして恋愛や青春が挙げられるが、それらを描いた文学作品を読み、かつ実際に書く。小説を書く楽しみを知り、文章表現の基礎的技術を習得する。(もちろん実際は青春小説だけに限りません。自由に幅広く読みましょう。)

文芸研究Ⅰ 小神野真弘(専任講師)

時事問題や課題図書を題材にしたディスカッションと作文実作を通じて、①切り口を設定するための多角的な視点と思考力②固定観念を取り払い、ファクトに肉薄する情報リテラシー③読み手に届き、情動を 喚起する文章力の獲得をめざします。

文芸研究Ⅰ 小野永貴(准教授)

大学の学びには、「調べる・探す」「読む・聞く」「書く・話す」「議論する・説得する」という一連の能力が不可欠である。文献レビューおよびプレゼンテーション・ディスカッションを少人数で繰り返し行い、基礎的なリテラシーと表現スキルを体得する。

文芸研究Ⅰ 高野和彰(助教)

1年を通して、情景描写や会話文といった基礎的な文章課題や、簡単なテーマでのプレゼン・ディスカッションに取り組んでもらう。また、ゼミ雑誌の企画会議・作品合評・編集作業を通して「ゼミ」がどういうものなのかと、本を作る楽しさを体感してもらいたい。

文芸研究Ⅰ 谷村順一(准教授)

『言葉』は私たちのコミュニケーションにとって必要不可欠なものです。しかし、私たちは本当に自分の表現したいことを『言葉』を使って相手に伝えることができているでしょうか? 様々なアプローチを試みながら、『言葉』について考えてみたいと思います。

文芸研究Ⅰ ソコロワ山下聖美(教授)

芸術とは? 文芸とは? 生きるとは? 人間としての根源的な問題をディスカッションし、文章で表現する。受講生それぞれの個性を掘り起こし、尊重しながら対話を続けていきたい。

文芸研究Ⅰ 山下洪文(助教)

ニーチェ・カミュ・太宰治・吉本隆明等、世界を代表する作家・詩人・哲学者の文章を読み解き、自らの養分とする。また、書いてきた作品を読み合い、討議する。創造力と批評力をともに深め、「文芸」への第一歩を踏み出す。

文芸研究Ⅰ 楊逸(教授)

小説などを読み、中の名文や名シーンを参考にしながら、描写文、叙述文など書く技術と力を養う。教材は、授業の時に指示する。

文芸研究Ⅱ 青木敬士(教授)

ライトノベルを「アニメ系の表紙絵がついたティーンズ向けの小説」と侮ってはいけません。真剣に書き手になりたければ、いまこれほどシビアなジャンルはありません。話題作のストーリー、キャラクター造形などの分析を行う研究発表と、実作を並行して行う創作塾的なゼミです。

文芸研究Ⅱ 上田薫(教授)

古典文学の中から説話や物語を選んで、その面白さや現代とは異なる 思想を知り、それぞれの思索や創作に生かせる知識を学ぶ。授業は古典作品についての講義と創作の組み合わせで行い、実作した作品をゼミ雑誌で発表する。古典文学に興味がある人の受講が望ましい。

文芸研究Ⅱ 上坪裕介(准教授)

創作と合評を繰り返し、切磋琢磨しながら、互いに高めあえる場となることを目指す。また、恋愛を描いた文学作品を読み、かつ実際に書く。文章表現の基礎的技術を習得し、それぞれの「書きたいこと」を探っていく。(もちろん実際は恋愛小説だけに限りません。自由に幅広く読みましょう。)

文芸研究Ⅱ 小神野真弘(専任講師)

あなたが綴る文章は、あなたというフィルターを通じて描き出される世界の在り様。では、あなたは世界をどう捉えているのか。当ゼミでは「自分の意見を表明する」ことを主眼に現代が直面する諸問題を議論し、ノンフィクション等の文章表現に繋げます。

文芸研究Ⅱ 窪田尚(講師)

受講生の熱意、意欲を求めます。目標は、「本」つくりです。書肆設計という狭意の<デザイン>にとどまらず、「本」にまつわる周圏もひろくふかくついきゅうします。人類の叡智にたずさわるということです。そこからが出発点と考えます。

文芸研究Ⅱ 栗原奈穂(講師)

各自の創作発表(詩・小説等)を重視し、それぞれの創作発表を中心に討議し合い、とおし各自の個性を研鑽し合う。参考文献等テキストは授業時にその都度指示する。

文芸研究Ⅱ 小柳安夫(講師)

大学1年生の昨年は、コロナ禍で戸惑いや不安とともに過ごした1年間だったと思う。2年生になった皆さんには、テーマを絞って何かを考え、身につける1年にして欲しい。[前期]は文芸やジャーナリズムの歴史と現在についての基礎研究、[後期]はジャーナリストや編集者志望者のための編集実務基礎演習。対面・オンライン併用ゼミとする予定。

文芸研究Ⅱ 坂下将人(講師)

受講者各自が抱く関心事について創作・発表・合評を繰り返し行う過程を通じて、思考力と文章力の養成を目指す。また、提示された主題について研究・創作を行い、執筆した論考を受講者全員で合評・討議し、多角的に考究する。

文芸研究Ⅱ 髙野和彰(助教)

古典とされる海外の探偵小説を中心に、ミステリの基本的な要素やミス テリにおいて描かれてきた文学性や都市文化について考えていく。また、古典作品のパスティーシュという形で習作から取り組んでもらい、構成を意識した短編を書き上げることを目標とする。

文芸研究Ⅱ 額賀澪(講師)

「とにかく小説を書きたい」と考える学生向けの創作ワークショップを行います。実作と合評を繰り返し、小説を書くスタミナ・瞬発力を養いながら、「自分の小説だと胸を張れる作品」を模索しましょう。

文芸研究Ⅱ ソコロワ山下聖美(教授)

テーマは「恋愛を文学する」。時代や場所によってはタブー視され、禁止され、軽視されることもある「恋愛」は、人間の根源的欲求であり、文学のテーマとなることも多い。「恋愛」についての作品を読み、深く考察し、自らの言葉で表現していくことを目指す。

文芸研究Ⅱ 吉田真(講師)

原則としてドイツ文学の作品を対象とする。前期は参加者の関心に応じて主要なドイツ文学の作家(ゲーテ、グリム兄弟、トーマス・マン、ヘッセ、カフカ、ミヒャエル・エンデなど)や作品について解説をするが、後期は各自で作品を読み、発表をしてもらう。ただし、ゼミ誌の内容は各自の自由に任せる。

文芸研究Ⅲ 青木敬士(教授)

芥川賞や直木賞がフォローする主流文学から隔てられた、SF・ファンタジー・ホラー・ミステリー・ライトノベル……さらにはそのジャンルにすらハマリきらない小説を書いている人の創作塾的ゼミです。作品分析を行う研究発表と、実作を並行して行います。

文芸研究Ⅲ 浅沼璞(教授)

連句や俳句を通し、各自の韻文精神を育みます。そのうえでゼミ雑誌の刊行を目指します。

文芸研究Ⅲ 上田薫(教授)

哲学者でありエッセイストでもあったアラン(エミール・シャルティエ)の思想を学びながら、日々の生活の中での思索をいかにして表現できるかを学んでゆく。講義と共に実際にプロポ(短文)や小説を書き、推敲して最終的にゼミ雑誌を制作する。

文芸研究Ⅲ 上坪裕介(准教授)

創作と合評を繰り返し、切磋琢磨しながら、互いに高めあえる場となることを目指す。また、私小説を中心に様々な文学作品を読み、鑑賞眼・批評眼を養う。(もちろん実際は私小説だけに限りません。自由に幅広く読みましょう。)卒業論文・作品へ向けてそれぞれの切実なテーマを模索していく。(何を表現したいのかを共に探していきましょう。)

文芸研究Ⅲ 小神野真弘(専任講師)

世界に多大な影響を与えた報道やノンフィクション作品を取り上げ、ジャーナリストの存在意義や職務上のジレンマについて議論。それを起点に自身のテーマを設定し、対人取材と執筆を通じて「対峙する人間の魂に触れる感覚」と「世界に触れる感覚」を掴みます。

文芸研究Ⅲ 小野永貴(准教授)

図書館や教育、情報等に関するテーマを各人で決め、調査する。仮想的な学会誌を想定し、報告記事を執筆して、紙の学術雑誌や電子ジャーナルの発行を目指す。これを通し、卒業論文・作品執筆に向けた研究スキルとアカデミックライティングの基礎を修得する。(詳細はシラバスを必ず参照のこと)

文芸研究Ⅲ 窪田尚(講師)

ひとくちに「絵本」といってもさまざまです。絵本の可能性を探究することからはじめます。ひらかれた世界として絵本をとらえてみましょう。発見のよろこびを共有できることでしょう!こまかなことは受講生と話し合いながら進めます。

文芸研究Ⅲ 小柳安夫(講師)

本、新聞、雑誌を皆さんは読むだろうか。パソコンやスマホメディア全盛の時代、それらを押さえつつ、活字メディア、紙メディアにもこだわってみたい。メディアを作る新聞社、出版社、広告会社、テレビ・ラジオ局、YouTubeなどについても学ぶ。大学4年で直面する卒業論文・制作、就職活動に関しても、プレ指導したい。対面・オンライン併用ゼミとする予定。

文芸研究Ⅲ 髙野和彰(助教)

ミステリの国内古典作品を中心に、より細分化された視点から考えていくことで個々の興味・関心を明確にしてゆく。また、ミステリ論や関連する芸術論・文化論についても取り上げ、文学性と通俗性の両立や論理的破綻のない作品構成を実現するための基礎力を養う。

文芸研究Ⅲ 高橋幸治(講師)

AI(人工知能)をはじめとするテクノロジーが「空想の段階」から「実装の段階」へと突入し、人類がこれまで体験したことのない情報環境が立ち現れ始めている現在、私たちにとって文化とは何か、表現とは何か……を編集的な視野から考察する。

文芸研究Ⅲ 谷村順一(准教授)

芸術学部広報誌「アートキャンパス」の編集を中心に、実践的に編集作業について学びます。

文芸研究Ⅲ ソコロワ山下聖美(教授)

テーマは「文芸と展示」。文芸を展示という表現で伝える実践を行う。実際に2つの展示に関わり、作業を行いながら、日本の文芸や文化を世界にいかに発信していくのか考える。同時に、自らのテーマをいかに表現し、世界に発信していくのかについての模索する一年となるであろう。

文芸研究Ⅲ 山下洪文(助教)

文学史に残る名作を読み解き、自らの養分とする。また、書いてきた作品を読み合い、討議する。詩と哲学を軸に、新たな「世界」への可能性を探る。

文芸研究Ⅲ 楊逸(教授)

物語を、着想からいかに構築し、作品に仕上げていくかという、プロセスおよびテクニックについて指導する。教材がなく、根性が必要。

文芸研究Ⅳ 青木敬士(教授)

3年次までに各自が見極めた関心領域について、卒論・卒制へ向けて実作中心の指導を行う。

文芸研究Ⅳ 浅沼璞(教授)

卒業制作・卒業論文を念頭に、俳句・連句の実作や批評を続けます。論文構成や季語別・テーマ別・年代別等の目次立てについても考察していきます。

文芸研究Ⅳ 上田薫(教授)

卒業論文のテーマはそれぞれ異なるので、各自の選んだテーマについて論じる際の理論構成が、現代思想や、過去の思想的変遷を踏まえたものと成っているかを理解するために、知の全体的な流れを把握することを授業のねらいとする。

文芸研究Ⅳ 上坪裕介(准教授)

文芸研究Ⅲにおいて模索した各自のテーマをさらに深めていく。合評や発表、個別指導などを通して卒業論文・作品へと結実させる。

文芸研究Ⅳ 小野永貴(准教授)

卒業論文・作品執筆に向けた研究指導を行う。各人の設定したテーマに対して適切な研究手法を選択し、学術的な文体で論理的に成果をまとめるプロセスを体得する。創作も行う者は、前述の研究プロセスを経たうえで、研究成果を踏まえた何らかの課題意識に基づき、その目的を達するための作品を制作する。毎週進捗報告を求める。

文芸研究Ⅳ 工藤隆雄(講師)

主に卒論の指導を行う。そのために前期は何を書くか、また何故それを書くのかを考える企画会議を充実したものにする。書き上げた作品 は大学に提出する前に読み、内容、誤字脱字のチェックをする。それら以外の授業では読んでおきたい文学作品の紹介をする予定。

文芸研究Ⅳ 鈴木ふさ子(講師)

各自の関心に沿ったテーマで実作をすることとその指導を中心とする。

文芸研究Ⅳ 高橋幸治(講師)

メディアと人間、情報と人間、テクノロジーと人間といったテーマを機軸に据え、美意識や価値観を歴史的な変遷を検証しながら、今後、人間のクリエイティビティーはどのように発揮されるべきかを模索していく。併せて卒論/卒制の指導も行う。

文芸研究Ⅳ 谷村順一(准教授)

卒業論文・制作に向けて、各々のテーマをより深めていくための指導を行う。

文芸研究Ⅳ 富岡幸一郎(講師)

近現代日本文学の作品、主に小説を読みながら、その〈読み方〉そして自分の〈読み方〉をどう文章化して表現するかを、実践的に学ぶ。文学研究の方法と文芸批評の実践を中心に、参加者との議論を交えてやっていきたい。卒業制作を準備し、個別に相談し、指導していく。

文芸研究Ⅳ ソコロワ山下聖美(教授)

ディスカッション、文献調査、個別指導などを通して、卒業作品を仕上げていく。また、自らの作品をどのように世界に発信していくか考察、実践する。

文芸研究Ⅳ 楊逸(教授)

これまで三年の間習ってきた文芸創作についての知識や技術を生かし、個々人が持つ個性と才能を、最大限に引き出し、卒業制作に臨む。

表現領域拡張講座I・Ⅱ ソコロワ山下聖美(教授)・飯沢耕太郞・牛田あや美・しりあがり寿。五十嵐綾野(講師)

日本語、写真、映像、マンガなど、多様な分野の最前線と、時代が変化しても変わらない芸術の核について、各分野の専門家たちを招いてレクチャーするオムニバス授業。アクティブラーニングの要素も加えるため、受講者には、能動的、積極的であることを望みます。

編集研究Ⅰ 安原真広(講師)

本、雑誌、ウェブメディア、テレビ番組、CM、マンガ、アニメ、ゲーム…。私たちが触れているそれらのメディアは、全て編集により作られる。情報を集め、整理し、見せるとは、いかなる思考で実践されるのか。具体例を参照しつつ、ともに考えていく。

編集研究Ⅱ 沖本敦子(講師)

児童書の編集者は、こどもたちの長い読書人生の最初の扉をひらくのが仕事。作家やデザイナーと協働し、力強い作品を作りあげるには、企画の根底に自分自身の思考や発想を宿すことが肝要です。本講座では、実践を交えながら、その方法について学んでいきます。

文芸創作実習Ⅲ 浅沼璞(教授)

連句を主とした創作実習を行います。そのうえで共同制作における季題・季語の意義などを考察していきます。

ジャーナリズム実習Ⅱ 小神野真弘(専任講師)

取材対象の魅力や特色を的確に引き出し、読者の心に訴えかける文章を綴るための訓練。実作と寸評を繰り返すことでインタビュー技術、コピーライティングスキル、構成力等を磨きます。最終的にはワードプレスを用いたWebサイトを構築し、成果物を掲載します。

文芸研究実習Ⅲ 山中剛史(講師)

谷崎潤一郎の作品をテキストに用い、レファレンス作成のトレーニングと発表・討議を通して、作品研究の基礎を学ぶ。実証的な調査を重ねることによって、作品と時代を読み解きながら実際に論文を執筆し、対象作品への戦略的な読みの姿勢を身につけてもらいたい。

DTP演習Ⅰ・Ⅱ(a・b)青木敬士(教授)・髙野和彰(助教)

出版業界の常識となったパソコンによる誌面編集。このDTPの技術を基礎からデータ入稿に対応できるまで実践的に修得する。前期・演習Iでの基礎修得後、後期・演習Ⅱでは美しい日本語の組版のあり方にまで見識を拡げていきたい。演習I→Ⅱの順で履修して下さい。

DTP演習Ⅲ・Ⅳ 築城厚三(講師)

DTPに関する基礎的な技術習得へ向けて、知識や技術が全くない状態を前提としてスタートする科目です。Adobe InDesign、Illustrator、Photoshopの3つのソフトを用いた紙面構成の初めのステップをマスターし、最終的には簡単な小冊子作成に向かいます。

DTP実習Ⅲ 築城厚三(講師)

DTPに関する基礎知識やAdobe InDesign、Illustrator、Photoshopに関する基本的な技術を一通り習得している学生に対して行います。基本のおさらいののち、印刷方法や用紙の選別、各自の興味関心のある分野の紙面構成の方法など、よりさまざまな表現を共に探求していきます。

マンガ演習Ⅰa・Ⅱa 犬木加奈子(講師)

マンガを描く為の基礎知識と歴史、道具の使い方、マンガにおけるキャラクターとは、ストーリーの作り方など研究しながら実際にマンガを描き実習してゆく。

マンガ実習Ⅰb・Ⅱb こにし真樹子(講師)

マンガを描く為の基礎知識と歴史、道具の使い方、マンガにおけるキャラクターとは、ストーリーの作り方など研究しながら実際にマンガを描き実習してゆく。

文芸情報処理演習Ⅰ(a・b) 小神野真弘(専任講師)・髙野和彰(助教)

コンピュータの構成機器や電子メールのマナー、ネットワークドライブによるファイル共有といった情報リテラシーについて解説を行い、実際の操作方法を修得する。また、Microsoft Wordを使用した演習を通して、大学及び文芸学科での学びへスムーズに繋がるような入門的・導入的な授業を行う。

文芸情報処理演習Ⅱ(a・b) 小野永貴(准教授)・谷村順一(准教授)

Microsoft Excel・PowerPointを使用した表計算・プレゼンテーションを中心に、Wordによる発展的な文書作成法等も含め、PC活用の演習を行う。これを通し、客観的な資料を通して論理的に他者を説得するという、現代の社会人に不可欠な情報リテラシーを体得する。

教職 国語学Ⅰ・Ⅱ 上田薫(教授)

基礎的な文法・修辞・構文や重要語句などを学ぶだけでなく、それらを教育現場でいかすべく具体的な講義術の習得をめざす。その過程において国語学への理解を深める。したがって講義のみならず、模擬演習を行うことにより相互媒介的な即戦力を身につける。

教職 国文学Ⅰ・Ⅱ 上坪裕介(准教授)

現代国語の教材になる小説、評論、随筆などの正確な理解と、それを論理的に解説する能力を身につけることを目的とする。国文学史についての講義も行う。

教職 漢文学Ⅰ・Ⅱ 久保田めぐみ(講師)

高等学校の授業を想定し、漢文の標準的なテキストを読みながら、実践的な授業展開方法を学ぶ。学生による模擬授業有り。

教職 漢文学史Ⅰ・Ⅱ 久保田めぐみ(講師)

高等学校の授業で必要な『論語』『老子』『荘子』等を読む。国語の教員として習得すべき基礎知識の獲得を目的とする。学生によるレポート発表の時間有り。

教職 書道Ⅰ・Ⅱ 佐藤かつみ(講師)

書写教育の基盤となる「文字の実用性」と「文字の表現美」を、書道史を辿りながら理解し、各書体の基本的な技法習得をはかる。中学校国語科書写教育の主軸となる楷書・行書体は、確実な技法習得を目指す。教職書道Ⅰでは、篆書・隷書・草書・行書体を扱い、教職書道Ⅱでは、楷書体・仮名を扱う。

国語科教育法Ⅰ(前期) 浅沼璞(教授)

学習指導要領に掲げられた国語教育の目標を達成するための教材研究を行う。その上で指導案・指導法について適宜学ぶ。併せて国語科教育法Ⅰでは、教科書から主に韻文のテキストを選び、指導案の作成および模擬授業の実践に挑む。加えて学校現場での情報機器についても学ぶ。

国語科教育法Ⅱ(後期) 浅沼璞(教授)

学習指導要領に掲げられた国語教育の目標を達成するための教材研究を行う。その上で指導案・指導法について適宜学ぶ。併せて国語科教育法Ⅱでは、教科書から主に韻文のテキストを選び、小テストの作成および模擬授業の実践に挑む。加えて学校現場での情報機器についても学ぶ。

国語科教育法Ⅲ(前期) 浅沼璞(教授)

学習指導要領に掲げられた国語教育の目標を達成するために、その理念を深く理解し、国語科の基本的な指導法を習得する。国語科教育法Ⅰ・Ⅱを基礎としたうえで中学校での学習に特化し、教材研究(口語文法)の仕方や指導法を学ぶ。

国語科教育法Ⅳ(後期) 浅沼璞(教授)

学習指導要領に掲げられた国語教育の目標を達成するために、その理念を深く理解し、国語科の基本的な指導法を習得する。国語科教育法Ⅲを基礎とし、引き続き中学校での学習における教材研究(古典作品)の仕方や指導法を学ぶ。

教職実践演習(後期) 櫻井歓(教授)

教職課程の学習の総まとめとして位置づけられる本科目では、これまでの学習の履歴を踏まえて教師としての実践力を養うことを目指す。近隣の学校や教育環境・生活環境の調査に基づいて、地域にねざした教材開発を構想することができるような演習授業とする。

教育実習事前・事後指導(国語) 小野永貴(准教授)

教育実習での様々な課題を検証し、実践的で具体的な教育方法を修得する。大学における教職課程の集大成として、教育実習へ望む意識を高める。教育実習を振り返り、自身の能力と現場教員に求められる資質の適性を判断する。