卒業論文・作品作成要項

Ⅰ 提出物


◇ 卒業論文・作品は、2部作成して提出すること。第2区分の場合は、創作+副論文を2部作成する。2部作成するのはそれぞれ主査教員用、副査教員用のため(卒業論文・作品はゼミの先生を主査とし、さらに副査の先生1名のもとで審査される)。
◇ プリントアウト原稿で提出の場合は、データを保存したCD-RやUSBメモリなど(学生番号・名前を明記)を同時に提出すること。提出後、記録メディアは返却しない。画像を含まない場合はテキスト形式が望ましい。

Ⅱ 区分・枚数


◇ 卒業論文・作品は以下の3区分とする。区分は提出時までに決定すること。明確でないものは受理しない。白紙の部分、図・表などは枚数に含まない。

第1区分:創作 400字詰原稿用紙換算×100枚(50ページ)以上


<小説、エッセイ、シナリオ>
<詩(全体的統一性、一貫性のあるもの)、短歌 (300 首以上)、俳句 (300 句以上)、ストーリーマンガ(文字表現のないものや動画は不可)等は原稿用紙換算ではなく、下記の書式(Ⅲ) に基づいた製本時のページで換算する>
 

第2区分:創作 400 字詰原稿用紙換算×40 枚(20 ページ)以上+副論文 20 枚(10 ページ)以上


<第1区分の各ジャンルに加え、広告作品(統一的なテーマ、一貫性のあるもの。個人作品であること),絵本>
 

第3区分:論文・評論 400 字詰原稿用紙換算×60 枚(30 ページ)以上


<目次を設定し、体系性および論理性を整え、全体構成を備えたもの>
<引用出典を明記する等、論文形式の整ったもの>

Ⅲ 書式


◇プリントアウト原稿の場合、 文芸学科ホームページより、「卒論・作品元型」をダウンロードし、使用する。元型を使用しない場合、A4用紙を半分に折った片側1 ページにつき、40字×20 行の縦書きにすること。400字詰原稿用紙100枚分で 50ページ、60 枚分で 30ページとなる(手書きの場合は応相談)。
◇ ストーリーマンガ・絵本等は手書き原稿のままではなく、縮小コピーをするなど規定のサイズに合わせて製本する。
※表現の性質上、上記以外の体裁を希望する者は早い段階で学科に相談に来ること。許可なく規定外の書式で作成したものは一切受理しない。

Ⅳ 形式


⑴学科指定の表紙用紙にタイトルラベルを貼り、タイトル、氏名などを記入する(図Ⅰ)。
表紙用紙・タイトルラベルシール・綴じ紐は、後期卒論ガイダンスにて配布する。
⑵本文には必ずページ番号をふること。A 4 用紙を半分に折った片側を1 ページとし、ページ番号は各ページの上か下に記入する(図Ⅱ)。
⑶表紙の次に「扉」(図Ⅲ)をつける。創作+副論文の場合はそれぞれに扉をつける。
⑷論文・評論は扉の次に「目次」(図Ⅳ)をつける。
 ・各章のページ番号を記入する。
 ・目次末尾には必ず「参考文献」を挙げる。
 ・創作+副論文の場合は、別々に目次をつけ、ページ番号はそれぞれ独立させる。
  さらに最初の1 ページに必ず「総目次」(図Ⅴ)をつけること。
⑸目次の次(目次なしの場合は扉の次)に400字程度で「概略」をつける。
  創作+副論文の場合は、それぞれの目次の次に概略をつける。
⑹引用文は「 」で囲むなどし、 その出所を「注」として、各章の末尾に明記する。
  注の内容は、著書名、著者名、訳者名、出版社名、発行年月日、出所ページ等。
⑺ 製本方法は、ホチキス・綴じ紐など自由。学科指定の表紙用紙を使い、背表紙をつけ、余っ
た部分はカットする(図Ⅵ)。
上記の形式を踏まないものは提出することができない。 

Ⅴ 2022年度の提出・手続き日時


2022年12月15日(木)10:00~16:00 のみ 卒論及びデータ提出
2023年1月17日(火)10:00~16:00 のみ 書類手続き

代理人の提出は不可。必ず本人が来ること。受付は非常に混みあい、手続きに時間がかかるので充分余裕をもって登校すること。

Ⅵ 手順


〈12月からの手続き〉
 ・ Live Campusにて、論文・作品タイトルの登録が必要となる。
 入力についての詳細は、後期卒論ガイダンスにて説明する。
〈12月15日の手続き〉
 ①学生証と卒論・データを持って文芸学科窓口へ行く。
 ②各種書類を記入する。
 ③学科の書式審査を受け、卒論・データを提出する。
〈1月17日の手続き〉
 ①学生証と印鑑(シャチハタは不可・印鑑は訂正時に使用する)を持って文芸学科窓口へ行く。
 ② 「卒業論文(制作)提出届」を受取り、記載内容を確認。
 各種書類を記入し、「卒業論文(制作)提出届」を提出し、手続き完了。

Ⅶ 注意事項


 ・ネットなどからの盗用が発覚した場合は失格になるので絶対にしないこと。
 ・論文の場合、引用文が多くなりすぎないこと。また、必ず出典を明記すること。
 ・その他、わからないことはなるべく早めにゼミの先生や学科事務室に相談に来ること。
 ・卒論及びデータ提出日には、学生証を、書類手続き日には、印鑑・学生証を必ず持参すること。
 ・提出後、日を改めて卒業論文・作品面接審査を実施する。審査日時は12月末に告知する。

・状況によってはオンライン提出となるなど、変更が生じる場合があるので、必ず「卒業論文・作品」のGoogle Classroomに参加し、常に最新の情報を確認すること。